top of page
  • 執筆者の写真たむかい学習教室

高校入試・英語


英語は「読解中心」の入試問題


出題の中心は「読解問題(長文形式)」です。長い英文を、短い時間で正確に読み取る力が試されます。次の英文は、今年3月の入試問題になります。


2024年3月・青森県立高校入試

大問4 次の英文は、高校1年生のマリが、調べ学習を通して考えたことについて発表した内容です。これを読んで、あとの問いに答えなさい。※設問省略

 In 2022, about 8 million tons of plastic went into our world's ocean as garbage in a year. It is as much as seven Tokyo Domes. If we don't do anything, about 29 million tons of plastic will go into the ocean in 2040, and all of the plastic in the ocean will be larger than all of the fish living there in 2050! Do you want to eat fish from such an ocean?

 There are some stories about sea animals. Plastic brought terrible changes in their lives. Let me show you three example. First, turtles eat plastic bags, are caught in plastic fishing nets, and are hurt by plastic straws. Second, it is said that 90 percent of sea birds are eating plastic. Third, 80 plastic bags were found in a dead whale's stomach in 2018. So the sea has been getting worse for these animals.

 What would you do if this happened to you? You are having a good time in your room, but then garbage is thrown into your room by someone you don't know. It doesn't stop and continues to make your room full of garbage. You can't take it away from your room by yourself. Can you imagine that you live with the garbage? Thinking about something as our problem is needed for us.

 What do you think about this problem of the ocean?


文中に出てくる用法:回数

〇1年生

・過去形:2

・進行形(be + ~ing):2

・助動詞(will, can):4


〇2年生

・原級(as ~ as):1

・比較級(~er than):1

・不定詞(to 原形):2

・接続詞(if, that):3

・There構文(there + be):1

・let/make 原形:2

・動名詞(~ing主語):1


〇3年生

・受け身(be + 過去分詞):5

・現在完了進行(have been ~ing):1

・仮定法(if + 過去形):1

・関係代名詞・省略形:1

・分詞(後置修飾 ~ing):1


最重要は一般動詞

毎年の入試問題には、3年間で学習する用法や文法がふくまれ、「一般動詞」が多く使われます。不規則変化形(過去・過去分詞)が多いことも入試問題の特徴です。

動詞の意味を押さえているかどうかで、文全体の理解度は大きく変わります。得点を大きく左右する重要な品詞になります。

【一般動詞のポイント】

◎三単現 + ~s

 主語が何のときか?

◎進行形・過去形・過去分詞形

 どんな時に使う形か?

◎不規則変化(~ed 以外)

 パターンとリズムで覚える

◎to 不定詞、動名詞

 3つの用法と意味

◎SVOO

 give, tell, help, keep, makeなど

◎分詞(後置修飾)

 文の区切りをつかむ


単語は前置詞から

上の文は、約160の単語で作られた英文です。このうち、「in」「about」「of」などの前置詞は、約40回使われています。全体の4分の1が「前置詞」ということになります。

前置詞は文字通り、「何かの単語の前に置かれる品詞」で、「in 2022 → 2022年に」「in the ocean → 海の中に」のように、後に続く単語でいろいろな日本語の意味に変化します。

どんな問題にも多用される前置詞です。意味を正しく理解できていることがスタートラインになります。


音読の習慣

長文に慣れるためには、声に出す「音読」が効果的と言われています。また、記憶力や読解力が向上することが、いろいろな研究結果で分かっています。

発音が分からない単語は、発音記号で確認したり、スマートフォンなどの音声認識を使う方法もあります。音読は長文問題に慣れるための近道にもなります。

(問題文 和訳)

 2022年には、年間約800 万トンのプラスチックがゴミとして世界の海に流出しました。その大きさは東京ドーム7個分に相当します。私たちが何もしなければ、2040年には約2,900 万トンのプラスチックが海に流れ込み、2050年には海のプラスチックの総量がそこに生息する魚の総量よりも大きくなってしまうでしょう。みなさんはそんな海で獲れた魚を食べたいと思いますか。

 海の動物に関する話がいくつかあります。プラスチックは彼らの生活に恐ろしい変化をもたらしました。 3つの例を紹介しましょう。一つ目に、カメはビニール袋を食べたり、プラスチックの漁網に引っかかったり、プラスチックのストローで傷ついたりします。二つ目に、海鳥の90%がプラスチックを食べていると言われています。三つ目に、2018年に、死んだクジラの胃から80枚のビニール袋が発見されました。つまり、これらの動物にとって海はさらに悪化しつづけているのです。

 これがあなたに起こったらどうしますか?部屋で楽しく過ごしていたのに、知らない人によってゴミが部屋に投げ込まれてしまう。それは止まらず、部屋がゴミだらけになり続けます。自分で部屋から持ち出すことはできません。自分がゴミと一緒に暮らしていることを想像できますか。私たちの問題として何かを考えることは、私たちにとって必要なことです。

 この海洋の問題についてどう思いますか。




当教室のご案内

たむかい学習教室

八戸市田向 完全個別指導塾


当教室では、英語の授業を行っております。毎時間、「生徒一人に講師一人の完全個別指導で、小学生・中学生・高校生の勉強を幅広くサポートいたします。

学習内容(例)

小学生

・中学進学後のための準備学習

・中学入試に向けての対策学習

中学生・高校生

・文法、読解などの問題演習

・リスニング演習

・高校、大学入試に向けての対策学習

・英語検定 対策指導・面接指導


入塾をご希望の方には、体験授業を行っております。

60分の無料体験となりますが、関心をお寄せいただいた際には、ぜひお気軽にお問い合わせください。実施日時はホームページに掲載しております。


【定期受講について】

◎授業時間(1回あたり)

 90分 または 120分


◎授業回数

 毎週 1回~2回(毎月 4回~8回)


◎1カ月・授業料(税込)

 90分コース: 14,000円

 (90分1回あたり:3,500円)

 120分コース: 16,800円

 (120分1回あたり:4,200円)

 入塾費やセット教材費などの追加料金はございません


◎ご入塾の流れ

 体験学習

 入塾をご希望の場合、

 保護者面談の日程調整

  ↓

 保護者面談(40分程度)

 お子様の受講に関わるご説明

 保護者の方からのご相談・ご要望

  ↓

 受講開始手続き(15分程度)


・定期受講は、月単位でのご契約となります。毎月所定の料金をお支払いいただくことで、毎週決まった日時に受講いただけます。

・受講の曜日と時間帯については、お電話または専用フォームからお問い合わせください。


【お申し込み・お問い合わせ】

電話番号

050-3637-1500

電話受付

平日・土日 10:00-21:00


フォームからは24時間受付


住所

イオン田向店から車で1分



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page