top of page
  • 執筆者の写真たむかい学習教室

beとdo

"be"が分かると、"do"が分かる

I am Japanese.

「わたしは日本人」

I write Japanese.

「わたしは日本語を書く」

 ↓

"Japanese"を消して考えます。


I am.

「わたしは(?)」

I write.

「わたしは書く」


①の文から、"am"だけでは意味が伝わらない文になります。反対に②では、"write"だけでも意味が伝わる文になります。ここが、「be」と「do」の大きな違いです。



【be】


「前=後」

I am Japanese.

「わたしは日本人」

I am twelve.

「わたしは12歳」

I am kind.

「わたしは親切」



「主語」で決まる

I am kind.

わたしは親切です」

He is kind.

彼は親切です」

You are kind.

あなたは親切です」



「いる」

I am here.

「わたしはここにいる

He is here.

「彼はここにいる

You are here.

「あなたはここにいる



「過去」

I was twelve.

「わたしは12歳でした

He was twelve.

「彼は12歳でした

You were twelve.

「あなたは12歳でした


am・is(現在)"was"(過去)

are(現在)"were"(過去)



「be」

am・is・are・was・wereは、文の主語によって決まります。決まる前の形(原形)が「be」です。

be twelve.

↓主語が「I」なら

I am twelve.

I was twelve.


? be twelve.

↓主語が「He」なら

He is twelve.

He was twelve.


? be twelve.

↓主語が「You」なら

You are twelve.

You were twelve.



一般動詞 do


「動き」を表す(~する)

be動詞は、「何だ」「どんなだ」を表す。

I am Japanese.:私は日本人だ

He is kind.:彼は親切だ


一般動詞は、「する」「どうする」を表す。

I write.:わたしは書く

I like.:わたしは好む

※like「好む」も、心の動きを表す動詞



たくさんの「~する」がある

小学生・中学生のみなさんは、毎日の生活を振り返ってみましょう。

朝起きる。朝ごはんを食べる。学校に行く。教科書を読む。ノートに書く。友達と話す。家に帰る。テレビを見る。宿題をする。・・・

振り返ると、たくさんの「~する」があることが分かります。つまり、英語にもたくさんの「~する」(一般動詞)があるわけです。

be動詞は全部で7つ(am/is/are/was/were/been/be)ですが、一般動詞は1万語以上あると言われています。be動詞とのちがいをはっきりさせることが、数ある一般動詞を理解するための基本になります。


朝起きる:get up in the morning

朝ごはんを食べる:have breakfast

学校に行く:go to school

教科書を読む:read a textbook

ノートに書く:write in notebook

友達と話す:talk with my friend

家に帰る:come back home

テレビを見る:watch TV

宿題をする:do my homework



「~した」

一般動詞にも、過去形の表し方があります。


起きたgot up in the morning

朝ごはんを食べたhad breakfast

学校に行ったwent to school

教科書を読んだread a textbook

ノートに書いたwrote in notebook

友達と話したtalked with my friend

家に帰ったcame back home

テレビを見たwatched TV

宿題をしたdid my homework



現在形の「現在」って?

~ある授業での生徒との会話~

生徒:"I get up in the morning."(私は朝起きる)は、なぜ現在形なのですか?

教師:どうして?

生徒:朝起きるのは、決まって今の時間にすることではないからです。

教師:つまり、「今のこの時間」=「現在」と考えているんだね。

生徒:もう一つ、"I come back home."の訳は、「私は家に帰る」です。でも、"come"が現在形なら、「私は家に帰っている(途中・最中)」と訳すのが正しいと思うのですが。

教師:つまり、「現在形」=「今している」と考えているんだね。


現在形の現在は、「今」ではない

現在形は、「習慣」を表すときに使います。

「いつもする」「たまにする」など、回数の多い・少ないは別として、ふだんすること(=習慣)を表すときには、現在形を使います。極端に言えば、毎年一度だけすることも現在形です。

※I go to Tokyo once a year.「私は年に一度、東京に行きます

Flowers blossom in spring.(春には花が咲く)「自然界の習慣」も現在形で表します。



当教室のご案内

たむかい学習教室

八戸市田向 完全個別指導塾

当教室では、英語の授業を行っております。毎時間、「生徒一人に講師一人の完全個別指導で、小学生・中学生・高校生の勉強を幅広くサポートいたします。

学習内容(例)

小学生

・中学進学後のための準備学習

・中学入試に向けての対策学習

中学生・高校生

・文法、読解などの問題演習

・リスニング演習

・高校、大学入試に向けての対策学習

・英語検定 対策指導・面接指導


入塾をご希望の方には、体験授業を行っております。

60分の無料体験となりますが、関心をお寄せいただいた際には、ぜひお気軽にお問い合わせください。実施日時はホームページに掲載しております。


【定期受講について】

◎授業時間(1回あたり)

 90分 または 120分


◎授業回数

 毎週 1回~2回(毎月 4回~8回)


◎1カ月・授業料(税込)

 90分コース: 14,000円

 (90分1回あたり:3,500円)

 120分コース: 16,800円

 (120分1回あたり:4,200円)

 入塾費やセット教材費などの追加料金はございません


◎ご入塾の流れ

 体験学習

 入塾をご希望の場合、

 保護者面談の日程調整

  ↓

 保護者面談(40分程度)

 お子様の受講に関わるご説明

 保護者の方からのご相談・ご要望

  ↓

 受講開始手続き(15分程度)


・定期受講は、月単位でのご契約となります。毎月所定の料金をお支払いいただくことで、毎週決まった日時に受講いただけます。

・受講の曜日と時間帯については、お電話または専用フォームからお問い合わせください。


【お申し込み・お問い合わせ】

電話番号

050-3637-1500

電話受付

平日・土日 10:00-21:00


フォームからは24時間受付


住所

イオン田向店から車で1分



コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page