top of page
  • 執筆者の写真たむかい学習教室

高校英語・不定詞


不定詞は、「to + 動詞の原形」で表されます。おもに、「~すること(名詞的)」「~するための(形容詞的)」「~するために(副詞的)」の3つの意味に分けられます。「to」を使わない原形不定詞の用法もあります。


it ~ to ・・・


it ~ of A to ・・・

・・・するとは、Aは~だ」

It is kind of you to help me.

私を助けてくれるとは、あなたは親切だ

kindのように、人の性格や性質を表す形容詞場合は「of 人 to 原形」

It is easy for him to speak English.

にとって英語を話すことは簡単だ


find it ~ to ・・・

・・・することが、~だと気づく」

I found it easy to drive a car.

車を運転することが簡単だと気づいた

※It is easy to drive a car.


make it ~ to ・・・

・・・することを、~とする」

I make it a rule to exercise every day.

毎日、運動することを習慣としている


think it ~ to ・・・

「...することが、~だと思う」

I think it difficult for him to solve the problem.

彼が問題を解決することは難しいと思う

※It is difficult for him to solve the problem.


to be ~ing


to be ~ing

「~していること」

※to be ~:「~すること」

He seems to be studying now.

彼は今、勉強しているようだ(勉強していることと思われる)

seem:~と思われる、~らしい


to be 過去分詞


to be 過去分詞(受動態)

「~されること」「~されるべき・~されるための」

I like to be given a gift.

贈り物を与えられることが好きだ(もらうことが好き)

There is a gift to be given to her.

彼女がもらうべき贈り物がある(もらうための贈り物)

She wanted to be loved by many people.

多くの人々から愛されたかった

※want to ~:~したい=~することが欲しい(名詞的用法)


to have 過去分詞


to have 過去分詞(完了形)

「~だったこと」

He is said to have been a baseball player.

野球選手だったと言われている(選手だったことが言われている)

He seems to have been a baseball player.

野球選手だったようだ(選手だったことと思われる)


too ~ to ・・・


too ~ to ・・・

「あまりに~なので、・・・することができない」

I am too tired to walk.

あまりに疲れているので、歩くことできない

You speak too fast to understand.

あまりに速く話すので、理解することができない

She speaks too fast for me to understand.

彼女はあまりに速く話すので、私には理解することができない

※so ~ that 主語 can't への書き換え

I am so tired that I can't walk.


not too ~ to ・・・

・・・することができないほど、~でない」

I'm not too tired to walk.

歩くことができないほど、疲れていない


enough to ~


~ enough to ・・・

・・・するほど(十分に)~」(~するためには十分)

The book is interesting enough to read again.

その本は、もう一度読んでしまうほど興味深い(読むために十分)

※enoughは「形容詞」の後ろに置く

The book is interesting enough for me to read again.

その本は、私がう一度読んでしまうほど興味深い

※so ~ that への書き換え

The book is so interesting that I read it again.


in order to ~


目的の in order to

「~するために、~するように」

He studied in order to pass the exam.

試験に合格するために勉強した

He studied in order not to fail the exam.

試験に落ちないために勉強した

※in order not to ~:~しないために、~しないように

※目的を強調するために、文頭に置くケース

In order to pass the exam, he studied every day.

In order not to fail the exam, he studied every day.


so as to ~


目的の so as to

「~するために、~するように」

She hurried so as to be on time for class.

授業に間に合うように急いだ

She hurried so as not to be late for class.

授業に遅れないように急いだ

※so as to ~は、文頭に置けない


独立不定詞


文全体を修飾する慣用表現

needless to say:言うまでもなく

to say nothing of:言うまでもなく

so to speak:言わば

to begin(start)with:まず第一に

to make matters worse:さらに悪いことに

to be frank with you:率直にいえば

to be sure:確かに

※文頭に置くことが多い


to不定詞の慣用表現


文の一部で用いられる慣用表現

seem to ~:~のようだ

appear to ~:~のように見える

happen to ~:たまたま~する

come(get)to ~:~するようになる

learn to ~:~できるようになる


be + to不定詞

可能「~できる」、義務「~すべきだ」、予定「~する予定」、意図「~するつもり」、運命「~する運命」、命令「~しなさい」


可能の be to ~

She is to speak English well.

上手に英語を話すことができる

=She can speak English well.


義務の be to ~

You are to study harder.

もっと一生懸命、勉強すべきだ

=You should study harder.


予定の be to ~

The bus was to leave two hours ago.

そのバスは、2時間前に出発する予定だった

=The bus was going to leave two hours ago.


意図の be to ~

If you are to win the game, you must practice hard.

もし試合に勝つつもりなら、一生懸命練習しなければいけない


運命の be to ~

He was to be a famous musician.

彼は有名な音楽家になる運命だった

※過去形で使われる


命令の be to ~

You are to finish your homework before going out.

出かける前に宿題を終わらせなさい


知覚動詞 +目的語+ 原形不定詞

hear + 人・もの + 原形

「(人 もの)が~するのを聞く」

see + 人・もの + 原形

「(人 もの)が~するのを見かける」


"to"を使わない不定詞

I heard my mother call me.

母が私を呼ぶのを聞いた

I saw him cross the road.

彼が道路を渡るのを見た

※知覚動詞の例

overhear「耳にする」 notice「気付く」 smell 「匂いを感じる」 taste「味わう」


使役動詞 +目的語+ 原形不定詞

make + 人・もの + 原形

have + 人・もの + 原形

let + 人・もの + 原形

「(人 もの)に~させる」

※すべて使役(~させる)の意で、ニュアンスが異なる


強制の"make"

I made him do the work.

彼にその仕事をさせた


非強制の"have"

I had him do the work.

彼にその仕事をしてもらった


許可の"let"

I let him do the work.

彼にその仕事を(許可して)させた

※let:現在・過去同形


使役の"get"は、to 不定詞

I got him to do the work.

彼にその仕事をしてもらった

※have と同意


help ~ 原形不定詞・to不定詞

I helped her do the work.

I helped her to do the work.

彼女がその仕事をするのを手伝った

※訳語としてはどちらも同じ


慣用表現の原形不定詞

had better + 原形:〜したほうがいい(忠告)

would rather + 原形:むしろ〜したい

cannot but + 原形:〜せざるを得ない・〜せずにはいられない



不定詞の基本(中学英語)


【基本3用法】


①「~すること」(名詞的用法)

I like to walk in the park.

公園を歩くことが好きだ

I want to play tennis.

テニスをしたい

※want to ~:することが欲しい

②「~するための、~すべき」(形容詞的用法)

I want something to drink.

飲むためのもの(飲み物)が欲しい

※something to ~、anything to ~、not ・・・ anything to ~、nothing to ~

I have a lot of work to do.

すべき仕事がたくさんある

③「~するために、~して・・・(副詞的用法)

I went to Tokyo to see my aunt.

おばに会うために東京に行った

I'm glad to see you.

あなたに会えてうれしい

※感情を表す形容詞 + to:~して・・・(happy to ~、sad to ~)


【it ~ to ・・・】


・・・することは~だ」

It is important to study English.

英語を勉強することは大切だ

=To study English is important.

=Studying English is important.

「To 不定詞」「動名詞の~ing」を主語として書き換えできる

※It ~ to ・・・の「It」は形式主語で、訳さない


【it ~ for 人 to ・・・


「人にとって、・・・することは~だ」

It is important for me to study English.

私にとって、英語を勉強することは大切だ


【want 人 to


「人に~してほしい、~してもらいたい」

I want you to read this book.

あなたにこの本を読んでほしい

tell 人 to ~

「人に~するように言う、伝える・教える」

My mother told me to clean my room.

母は、私に部屋を掃除するように言った

ask 人 to ~

「人に~するように頼む」

I asked him to come early.

彼に早く来るように頼んだ


【疑問詞 to


how to ~「どのように~すべきか、~の仕方」

Tell me how to use this machine.

この機械の使い方を教えてください

what to ~「何を~すべきか」

Do you know what to do?

何をすべきか、知っていますか

when to ~「いつ~すべきか」

Do you know when to leave here?

いつここを出発すべきか、知っていますか

where to ~「どこで(に)~すべきか」

Do you know where to buy this book?

どこでこの本を買うべきか、知っていますか

which to ~「どちらを~すべきか」

She does not know which to buy.

どちらを買うべきか分からない


make / have / let / help + 人 + 原形:上記参照



当教室のご案内

たむかい学習教室

八戸市田向 完全個別指導塾


当教室では、英語の授業を行っております。毎時間、「生徒一人に講師一人の完全個別指導で、小学生・中学生・高校生の勉強を幅広くサポートいたします。

学習内容(例)

小学生

・中学進学後のための準備学習

・中学入試に向けての対策学習

中学生・高校生

・文法、読解などの問題演習

・リスニング演習

・高校、大学入試に向けての対策学習

・英語検定 対策指導・面接指導


入塾をご希望の方には、体験授業を行っております。

60分の無料体験となりますが、関心をお寄せいただいた際には、ぜひお気軽にお問い合わせください。実施日時はホームページに掲載しております。


【定期受講について】

◎授業時間(1回あたり)

 90分 または 120分


◎授業回数

 毎週 1回~2回(毎月 4回~8回)


◎1カ月・授業料(税込)

 90分コース: 14,000円

 (90分1回あたり:3,500円)

 120分コース: 16,800円

 (120分1回あたり:4,200円)

 入塾費やセット教材費などの追加料金はございません


◎ご入塾の流れ

 体験学習

 入塾をご希望の場合、

 保護者面談の日程調整

  ↓

 保護者面談(40分程度)

 お子様の受講に関わるご説明

 保護者の方からのご相談・ご要望

  ↓

 受講開始手続き(15分程度)


・定期受講は、月単位でのご契約となります。毎月所定の料金をお支払いいただくことで、毎週決まった日時に受講いただけます。

・受講の曜日と時間帯については、お電話または専用フォームからお問い合わせください。


【お申し込み・お問い合わせ】

電話番号

050-3637-1500

電話受付

平日・土日 10:00-21:00


フォームからは24時間受付


住所

イオン田向店から車で1分


高校英語・不定詞

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page